大量ロットでの発注に向いている激安トロフィーの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激安のものは大量ロットでの発注に向いていて、たくさん必要な時に注文すると利便性が高くなります。しかしいくら激安と言えども度外視できないのがコストパフォーマンスです。そこでコストパフォーマンス的に優れたものはどのようなタイプなのか少し掘り下げてみましょう。
チャンピオンや1位の方に送られるタイプとしては、4本柱と呼ばれるものが多く用いられます。豪華絢爛な4本柱のものは材料を多く使用しますので、それなりの費用がかかります。
一方コストパフォーマンスの良いものを低価格トロフィーと呼びますが、基本的には一番豪勢なチャンピオンに送られるものからパーツを削減したタイプになります。低価格のものとしては、1本柱と呼ばれるタイプがあります。こちらはその名の通り通常の4本柱のものを1本にして、その分形を若干豪勢にしたものです。形のバランスが良く豪勢さは失われていませんので、非常に気品溢れるものであることに変わりはありません。2つ目が小型トロフィーと呼ばれるものです。こちらは柱がなく高さもないのが特徴で、台座から上部分は人形のみや王冠のみという場合がほとんどです。このようにシーンに合わせて選ぶ事で、大量ロットでの発注が可能となります。

激安トロフィーの中でも若干高めなクリスタルトロフィー

近年新しいタイプとして人気の出てきているのがクリスタルです。こちらは激安の中でも若干値段が張る場合があり、大量ロットの発注には不向きなものもあるので注意しましょう。
クリスタルと言っても素材はガラスなのですが、ただのガラスではなく光学ガラスというものが使用されています。これはカメラや望遠鏡のレンズなどにも使用されるような高い均質度を持ったガラスで、光の乱反射や屈折が非常に美しく見えるガラスの事です。形も様々で、長方形のものからボールのようなきれいな円や曲線を描いたもの、石碑のような複雑な形まで外観をフルオーダーする事が可能です。
そしてそのガラス内部にレーザー加工で刻印を施すことができます。光の乱反射がとてもきれいで、贈り物としても喜ばれます。そのためスポーツ大会などで1位を祝うものとして使用されるよりは、音楽祭のコンクール、会社内部での功労賞など、何かに貢献してきた人に送られるパターンの方が多いです。このようにシーンに応じて使い分けると非常に効果的です。

激安トロフィーでも大量発注をすると予算が厳しい場合

トロフィーが激安だったとしても予算的に大量ロットでの発注ができないというときは、トロフィーよりもさらに安価で値段が安いカップや盾などで代用を検討してみるという選択肢もあります。中でも樹脂製のカップは非常に安価で1,000円を切るものもあります。 優勝はトロフィー、優秀賞はカップや盾にすれば、トータルでみると全てトロフィーで揃えるよりも安く仕上げる事ができます。このようにコストパフォーマンス的にちょっと厳しいという方は、カップや盾などを織り交ぜて検討してみる事をおすすめします。

ピックアップ記事

激安トロフィーの人形交換方法

本体の先端部分には人形が付いてるのをご存知でしょうか。野球の投球シーンを再現したものや、サッカーでのシュートシーンなど、非常に多彩なポーズを形取った人形が付いています。これらの事からもこのようなトロフ...

大量ロットでの発注に向いている激安トロフィーの種類

激安のものは大量ロットでの発注に向いていて、たくさん必要な時に注文すると利便性が高くなります。しかしいくら激安と言えども度外視できないのがコストパフォーマンスです。そこでコストパフォーマンス的に優れた...

レリーフ一つで激安トロフィーも豪華になる

トロフィーのレリーフを知っていますか。レリーフとは浮き彫りの意味で、美術品や工芸品を作成する時の技法の一つです。トロフィーでは、本体に埋め込むマークの事を指し、アクリル製の透明樹脂で作られているものや...