レリーフ一つで激安トロフィーも豪華になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トロフィーのレリーフを知っていますか。レリーフとは浮き彫りの意味で、美術品や工芸品を作成する時の技法の一つです。トロフィーでは、本体に埋め込むマークの事を指し、アクリル製の透明樹脂で作られているものや、金銀銅色などの金属版で作られているものがあります。その板面に彫刻や印刷を施し、その人だけのオリジナルトロフィーを作る事ができます。最近はコンピューターを使用して大量に作成できますので、とても激安で仕上がりスピードが早いのが特徴です。印刷方法も多種多様で、光沢を出す事で高級感を醸し出せますので安価ながら非常に美しいレリーフを作成できるのです。またレリーフは交換もできますので、本体との組み合わせが大幅に広がり様々なデザインのものが作成可能となります。

激安トロフィーのレリーフ刻印方法

レリーフの刻印にはどんな方法が用いられるのでしょうか。現在レリーフの刻印には数種類の技法が用いられていますが、まずひとつ目はレーザー加工です。レーザーを使いレリーフの表面にデザインや文字を入れていきます。非常に精密に文字を刻印していき1ミリ以下の細さまで刻印できます。そしてこのレーザーもう一つの特徴があります。それは少し厚みのあるレリーフでしたら内部に刻印する事も可能なのです。レーザーは単波長の非常に強力な光という特性を利用し、レリーフ内部にレンズで光を集め少しずつ動かしながら超高温で加熱する事でキズを入れていきます。このキズが光の乱反射により白く見えます。これにより内部に立体感のある文字やデザインを刻印できるのです。そして次にUVカラーの印刷です。こちらはレリーフの表面に、UVプリンターでプリントしていきます。非常に安価でたくさん発注してもコストを抑えられます。そして最後に印刷エポ盛り仕上げという刻印方法です。素材に直接印刷を施した後、表面にエポキシ樹脂と言う樹脂をコーティングし厚みを付けます。こちらも刻印方法としては以前よりメジャーで多用されています。レリーフ一つ取ってもこれだけの加工方法やみせ方があるのです。

激安トロフィーの針を使った機械モーター彫り

トロフィーにはレリーフ以外の彫刻に、よく真鍮プレートと呼ばれる黄銅の合金プレートが使用されるのですが、こちらは通常のレーザーを使った彫刻よりもよりはっきりと深めに刻み込む事が出来る機械モーター彫りが多用されます。レーザーではなく針を使っていて以前からある彫刻方法です。針を高速回転させながら文字やイラストをプレートに刻み込んでいきますので、彫りが深く文字がはっきりと見えるように仕上げられるのが特徴です。更にその文字をくっきり見せたい時は、ラッカー入れ加工を施す事ができます。基本的には黒色のラッカーを使用しますが、他の色も選べますので好みで強調したい文字を着色できます。文字の太さやフォントの種類なども自由自在の選べ、非常にオリジナリティーの高いトロフィーに仕上げられます。

ピックアップ記事

激安トロフィーの人形交換方法

本体の先端部分には人形が付いてるのをご存知でしょうか。野球の投球シーンを再現したものや、サッカーでのシュートシーンなど、非常に多彩なポーズを形取った人形が付いています。これらの事からもこのようなトロフ...

大量ロットでの発注に向いている激安トロフィーの種類

激安のものは大量ロットでの発注に向いていて、たくさん必要な時に注文すると利便性が高くなります。しかしいくら激安と言えども度外視できないのがコストパフォーマンスです。そこでコストパフォーマンス的に優れた...

レリーフ一つで激安トロフィーも豪華になる

トロフィーのレリーフを知っていますか。レリーフとは浮き彫りの意味で、美術品や工芸品を作成する時の技法の一つです。トロフィーでは、本体に埋め込むマークの事を指し、アクリル製の透明樹脂で作られているものや...